ICTトレンドワード入門解説 「IoT(モノのインターネット)」

ありとあらゆるモノ(物体)がインターネットにつながる時代。従来のパソコンやサーバー、プリンタにはじまり、現在では、スマートフォンや腕時計、テレビや冷蔵庫などの生活家電に自動車、産業機械にいたるまで、さまざまなモノがインターネットに接続されています。今回は、最近、毎日のように新聞やテレビなどのメディアで取り上げられている注目のトレンドワード「IoT(モノのインターネット)」を入門解説していきます。

「IoT(モノのインターネット)」とは?

「IoT」は、英語の「Internet of Things」の頭文字を取った略称で、日本語では『モノのインターネット』と呼ばれています。またほぼ同義の呼称として、「IoE」[Internet of Everything]が用いられる場合もあります。
 簡単に言うと、『ありとあらゆるモノがインターネットでつながること』。それは、コンピューターなどのICT機器だけではなく、日常に溢れるさまざまなモノがインターネットやクラウドにつながり、モノ同士での相互通信により、自動認識・制御や遠隔計測などが行える仕組みとも言えます。

 例えば、外出先から、インターネットに接続された自宅のテレビに、スマートフォンで録画予約をしたり、また同様に、自宅のエアコンをスマートフォンで遠隔操作し、スイッチのオン/オフはもちろん、快適な温度設定に変更したりと、身近なところですでにたくさんの「IoT」が私たちの暮らしを快適かつ便利に変え始めています。

「IoT」でできることの活用事例

 従来インターネットにつながるものといえばパソコン、そして、近年ではスマートフォンという方が多いのではないでしょうか?「IoT」では、テレビやエアコン、冷蔵庫などの生活家電をはじめ、日常に溢れるありとあらゆる、これまでインターネットとは無縁だったモノがインターネットにつながり、モノが人を介さずとも、ワイヤレスセンサーなどが事前に取り付けられたモノが自らインターネットにアクセスし、情報収集や計測、制御できることが大きな特徴とも言えます。すなわち、離れた場所の情報を知り、操作することができるのです。いくつか身近な「IoT」活用事例をご紹介してみます。

「IoT」で環境モニター

 温度計や湿度計などの計測機器からワイヤレスで情報を知ることができます。エアコンの室温管理をはじめ、最近では、給湯器や風呂釜の遠隔操作も実用されています。他にも気圧や照度、騒音など、さまざまな環境のモニターが可能となります。

「IoT」で健康管理

 腕時計型活動計に代表されるウエアラブル機器によって、日々の血圧や心拍数、運動量などを計測し、パソコンやスマートフォンで健康状態を容易に確認、管理できるようになりました。また、医療分野では、「IoT」を用いた医療データの共有により、在宅のまま医師の診療が受けられる「遠隔医療」として、近年、過疎地や離島など、医師不足解消の方策としても期待されています。身近なところでは、外出が困難な高齢者や妊婦の体調管理などにも適用されはじめています。

「IoT」でセキュリティー

 外出先から遠隔で、窓やドアの閉め忘れ、開閉情報、施錠の状態を知ることによりセキュリティー対策にも活用することができます。また「IoT」を活用したカメラやモーションセンサーを使って、子どもの帰宅確認や高齢者やペットの見守りなど、モーションモニターとしても役立ちます。

「IoT」で位置確認

 自動車のカーナビはもちろん、スマートフォンでも容易に位置情報の確認や道順を知ることができるようになりました。他にも存在・近接検知、通過検知などのロケーションモニターが活用されている事例として、自動車の追突・接触事故回避の自動ブレーキや車庫入れ動作のオートマティック化、高速道路のETCなど、現在では「IoT」の技術をフル活用した自動運転の技術開発も盛んに行われています。

「IoT」でコミュニケーション

「IoT」の技術開発の中でも、特に注目されているのが、人口知能を搭載した「コミュニケーションロボット」です。ヒトとの対話を目的に開発されたロボットで、ヒト型や動物を模したフォルムも愛らしく、ヒトとの対話から言葉や感情を学習し、コミュニケーションをはかります。認知症予防やセラピー効果にも期待され、介護や医療施設での実用事例も多く見受けられるようになりました。近い将来、多くの一般家庭に、コミュニケーションロボットが普及しているだろうとも予測されています。

「IoT」の未来に向けて

 「IoT」は、家庭や職場だけではなく、限られた場所で使われる技術ではありません。工業や農業、医療、公共事業にいたるまで、遠隔で情報を知りたいモノがあるとき、モノの状態を遠隔で操作したいとき、それが可能なさまざまな場所・分野で適用することができます。
 例えば、建築物や橋、大型の工業機器などにセンサーや通信機能を内蔵して、モノの強度を常時把握することで、事前のメンテナンスや部品交換時期の把握、未然に事故を防いだりと、安全管理にも役立ちます。また、農業では、ハウス栽培の肥料や水やり、酪農での家畜へのエサやりなどの自動システム化の導入も進んでいます。また、従来ヒトが行っていた(水道・電気・ガスなどの)メーター計測をスマートメーターで自動化したりなど、自治体や公共事業のサービスにも幅広く使われるようになりました。
 このように、私たちの日常生活だけではなく、今後は企業や自治体のサービスにも導入が促進し、ますます生活が便利かつ快適になっていくことが期待されます。また、今後はヒトが操作するのではなく、いかにヒトが操作しないでモノ自身が操作を担うかの「IoT」開発が今後の主流になっていくと予測されています。自動化された自動車が行き交う未来など、今後の「IoT」の可能性に期待していきましょう。

【ICT特別企画】簡単!なるほどクラウド vol. 01「クラウドとは?」

【ICT特別企画】簡単!なるほどクラウド vol. 02「クラウド活用術」

【ICT特別企画】簡単!なるほどクラウド vol. 02「クラウド活用術」

ページトップへ

  • ご入会案内 会員募集中
  • 会員ページはこちら